賃貸物件を契約する時のいくつかの注意点

賃貸物件に契約するときについては希望している物件が見つかると、いよいよ正式に契約をかわします。賃貸契約書の重要事項については契約時に不動産業者の担当者より、詳しい説明がありますが、自分自身でも重要事項を読み返し確認することが大切です。また一度契約したものの契約を解約する場合、違約金が発生するので解約金についても確認することが大事です。

賃貸物件契約時に必要な書類と費用を用意しますが、必要書類の中には準備するのに日数がかかることがあるので、提出日時を確認し、その日までに余裕をもって書類を用意することが大切です。

費用については現金払い、銀行振り込みなどの支払い方法の確認、不動産、家主、管理会社からの費用支払いにかかった費用の領収書や預かり証を必ずストックしておくことも大切です。最近ではクレジットカードの引き落としも増えています。

借主については、健康保険証や運転免許証などの身分証明書類、借主の住民票、入居者全員の住民票、外国籍の場合外国人登録済み証明書、印鑑と印鑑登録証、収入証明証、金融口座通知帳と銀行印などです。

連帯保証人についての書類、保証人の収入証明書類が必要になる場合もあります。保証人の住民票、印鑑証明書、連帯保証人の承諾書などです。

家主に支払う費用について、敷金、礼金、前家賃、損害保険料、家賃保証会社に支払う保証料、不動産屋に支払う仲介手数料などです。

賃貸物件を探しに不動産屋さんに行くと、物件を閲覧して入居したい場合、「申込金」として、家賃1ヵ月分を支払いますが、ただ入居の意思を示すだけで、契約には至らず入居審査により入居できない場合は全額返金されます。反対に入居審査に通り入居が決定すると、その申込金は敷金など入居費用の一部として充てられます。

賃貸物件によっては数年ごとに更新料が発生することがあるので、記載されている家賃のままでずーっと生活していけるのかも確認しましょう。賃料は1か月ごとに支払うものですが、滞納した場合延滞料として、家賃の数%かかります。ですので家賃+延滞金を支払わなくてはなりません。

契約後のトラブルで多いのが、契約期間、更新料、家賃滞納時の金額、不動産屋による一方的な契約解除、修繕費用などです。ですので、契約して入居した後でトラブルにならないように、賃貸契約重要事項を熟考することが大切です。また、定められている禁止事項を良く読み、禁止行為を起こさないように気を付けましょう。

新潟市の賃貸情報サイト(niigata-chintai.jp)は、目的に合せて部屋を探すための情報、新潟の賃貸や暮らしに関する情報 など、お役たち情報を見ることができます。また新潟市は賃貸物件が非常に多いエリアです。そんな沢山の賃貸情報からあたなの希望に合せた条件で検索できます。また、地域情報や不動産会社情報も掲載されています。新潟で不動産物件をお探しの方に便利なサイトです。是非ご利用ください。

賃貸マンションを選ぶ時にはスピーディーに行動する

賃貸マンションを選ぶ段階では、できるだけスピーディーに行動する方が良い一面があります。あまりのんびりしていますと、自分が望む物件に居住できる確率が減少する傾向があります。

そもそも賃貸マンションの広告を見ている方は、沢山いらっしゃるのです。自分がある広告を見ている時には、別の方もそのマンションの広告を見ていると考えた方が良いでしょう。目には見えないのですが、ライバルの方が居る訳ですね。

そして賃貸マンションの入居が決まるスピードは、案外と早いです。広告が出たと思ったら、もう翌日には入居が決まってしまう物件も稀に見られます。数は少ないですが。

ですので賃貸マンションの広告を見て、「この物件は良さそうだ」と思った時には、直ちに不動産会社に連絡をする方が良いです。その段階でためらってしまっていると、他の方に下見の予約を取られてしまう可能性があります。それだけ物件に入居できる確率が減ってしまう事もあります。

また賃貸マンションの契約も、できればスピーディーに行いたいものです。契約をすれば、本決まりという訳ではありません。契約にも幾つかの段階があって、一次契約や二次契約などがあります。少なくとも一次契約だけは、スピーディーに行っておくべきでしょう。そうでないと、やはり他の方に物件を抑えられてしまう可能性があります。

このように賃貸マンションはスピード重視なのですが、できれば不動産会社の実店舗に直接出向くと良いでしょう。そこではライバルが少ない非公開物件が紹介される事もあるからです。