新潟の海沿いを春にドライブしたら気持ち良かったです

私が新潟に行ったのは、車ででした。主人の実家が新潟県寄りの山形県で、海の近くにあります。そのため、車で新潟までドライブしました。ドライブしたのは、海沿いです。3月の終わりぐらいで、まだ山形には雪が少し残っている地方もありました。

私は太平洋側の県にしか住んだ事がないため、日本海のドライブというのはとても新鮮でした。

昔、日本海は日本の玄関という話を学校の国語の時間に読んだ事があります。太平洋側にはすぐ近くに大陸はありません。

あるとしたら遥か彼方のオーストラリアか、島々です。しかし日本海の向こうは、中国やロシアなどの大陸があります。

だから日本地図の見方を変えれば、日本海が玄関になるという話だったと思います。

日本海をドライブしているとそんな話を思い出し、海の向こうに大陸があるんだな‥と感じました。

そして、新潟の海はきれいでした。水が太平洋よりも透き通っているような感じがしました。

母は日本海の色は緑だと言っていましたが、それは水が透き通っているから緑という事じゃないのかなぁと思いました。

また、よく演歌だと日本海の荒々しさを表現した歌があります。私がドライブした場所も、波が崖にバッシャーンと勢いよく迫り、豪快だなぁと感じました。

まるでベタな映画で、犯人が警察に追い込まれた場所みたいでした。松も計算されたように崖っぷちにあり、誰か仕込んだな‥と笑えました。

気持ちいいドライブでしたが、私と主人は車を降りてみて驚きました。なぜなら、車のフロント部分には無数の小さいハエみたいな虫が張り付いていたからです。

車が走行している時に、虫と衝突しまくったんだなと思いました。こんな体験をしたのは、新潟が初めてでした。